fc2ブログ

整理力01

.31 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
整理力01

作業環境を整えて、仕事効率を上げるというビジネス本の挿絵。
「挿絵」でありながら、このイラストだけで内容がわかります。
文字列が乱れているのは、古いデータを新しい…といってもCS5ですが…で開いたからです。
Illustratorの新旧バージョンの差で困るのは、ほとんど文字情報の関係だけでしょう。
スポンサーサイト



毛穴ケア

.30 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
毛穴ケア

毛穴ケアについての説明イラスト、でしたか。
最近は男子もこんなことやってるんですね。
眉毛整えたり。
いえ、多くは語りません。

人を動かす02

.29 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
人を動かす02

こういった心理操作のようなエピソード、中国古典が宝庫です。
実に奥深い。
とても東夷の大和民族の及ぶところではないのに、中華では漢字をほとんど遺棄してしまったため、読み解く人がいないとか。
むしろ、本邦の方が、亡くなった白川静博士のように、甲骨文字から造詣の深い人が多いようです。
中国の留学生が、日本に来て初めて「孔子」を知ったなどと言う笑えない話も聞きました。
同じ事は韓国にも言えるのです.
日本人は、もっともっと漢字を大事にしなければなりません。
イラストと全然関係なかったですね。

人を動かす01

.28 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
人を動かす01

「人を動かす」というタイトルのテキストの挿絵です。
「人を…」というと、ディール・カーネギーの著書が有名ですね。
最近また読まれているようです。
ぼくは高校生の時に読みました。
今読み返すと、また得るものがあるかも知れません。

沢山の中から選ばせるより、3択ぐらいに絞るとお客の反応が良いとか、相手の受け容れやすい小さな要求から押すと通しやすいとか。
これを知っていると、逆に営業の術中を外せます。
「Yes」と言い続けないとか。

教材カード08

.25 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード07

教材カードも一応「ファーストシーズン」ラスト。
翌年もオーダー頂きましたが、それはまた次の機会に。

教材カード07

.24 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード07

大学ゼミで使用された、カード型教材の挿絵、明日がラスト。

教材カード06

.23 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード06

教材カードイラスト、あと2回ほど。

教材カード05

.22 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード05

大学ゼミで使われるカード教材のイラスト。続きます。

教材カード04

.18 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード04

教材カードのつづき。
どうやら、ネットでのやり取りがテーマみたいですね。

教材カード03

.17 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード03

某大学ゼミで使用された、教材のカードのイラスト、続きます。
カルタのように「あ」〜「わ」まで。

教材カード02

.16 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード02

教材カード、続きです。

http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

教材カード01

.15 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
教材カード01

ゼミの教材で使われるカードの挿絵です。
「あいうえお」順にテーマがあるようですが、よくわかりません。

右上のイラスト、子供の頃大きく、あるいは広く感じたものや場所を、大人になって眺めてみると、小さく狭く感じること、よくありますね。

車屋さんの似顔絵

.14 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
やまちゃん

たぶん車のメンテ屋さんの似顔絵です。

ラッピングカー02

.11 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
ラッピングカー02

水族館宣伝用ラッピングカー第2案。
単純にイラストを貼ったパターンです。

ラッピングカー01

.10 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
ラッピングカー01

京都に水族館建設計画が持ち上がったとき、なんで京都やねんっ、という議論もありましたが、宣伝にラッピングカーを走らそうという企画がありました。
これがそのアイデアのいくつか。
車全体を魚に見立てています。
クマノミ、シャチ、下は何でしたっけ、ブダイ?
企画としてはボツでした。

盆栽の街

.09 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
盆栽の街


「盆栽の街」のマップです。

暖かくなったら、苔を育てたいと思っています。
急にどうしたのでしょう?

月見

.08 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
月見

週刊タウン情報紙の記事挿絵。
季節感がなくてすみません(^_^;

先日、月に関して新しい言葉を知りました。
「地球照」。
三日月くらいの月の影の部分が、薄ぼんやりと見える現象の名称です。
つまり、太陽の光を地球が反射して、月を照らしているわけですね。
現象は知ってましたが、名前は初めて知りました。

りんご

.07 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
りんご

りんごをテーマにしたイラスト3点。
アダムとイヴ、ニュートン、ウイリアム・テルです。
飯田市は、長い間リンゴの産地の「南限」と言われてきましたが、今日ではどうなんでしょう。
この辺りはその他にも、孟宗竹の「北限」とか、植生の境目に当たるものが多いようです。

もうしばらくすると、リンゴの花が満開になります。

lyb@

.07 2016 おしらせ comment(0) trackback(0)

星の揺らぎ

.04 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
星の揺らぎ

大気による、星のきらめきの揺らぎを説明した図版です。
そろそろ大気は春のほこりを含みはじめ、星空も霞みがちになりはじめますね。
松本南部の畑は、ほとんど土がむき出しなので、この季節の乾いた強風で砂塵が巻き上げられ、すごいことになります。
知り合いと長野道からそれを初めて遠望したとき、楼蘭とかどこかの砂嵐をイメージしました。

雛街道

.03 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
雛街道

過去の掲載と重複するかも知れませんが、季節ものなので。
旧家が通行人のため、伝わっている雛飾りを街道に向けて飾るという、いつ頃のどこの風習か。
今は観光のタネとして、どこもかしこも同じようなイベントをするので(要するに、よその真似をし合って)、個性が全国で平均化して、なんだかつまらないなと思ってしまいます。

飯田名物

.02 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
飯田名物

南信州飯田の名物。
いやー、この街は本当に気候も穏やか、人柄も円くて、好い土地だと思います。
問題がないわけではありませんが、自然、風土は抜群です。

・美人と言うより、やっぱり人柄でしょうね。もちろんきれいな人密度は濃いです。
県内を異動してきた若い男性は、飯田から嫁を連れて行く確率が高いとか。
・温泉もあちこちにあります。
・最近はよそでも見られますが、ここではお盆とか、饅頭を上げて食べていました。
・街道の馬の集積地だったので、馬を潰して食べる習慣がありました。
「おたぐり」は馬のホルモンです。

最近はここに焼き肉屋が加わりますね。

お引っ越し荷物

.01 2016 お仕事のあぶく comment(0) trackback(0)
お引っ越し荷物

引っ越しサービスの紹介パンフの挿絵です。
これから年度末に向かって、引っ越し需要が増えますね。

ぼくもこの伊那谷からは出たくないけど、引っ越ししたい気分です。
気分転換に。
世の中には、マニアに近いくらい引っ越し好きの人がいますが、極めると、頻度に引っ越しをする必要から、所有物がぐっと整理され、すごくシンプルな生活になるそうです。
最低限の身の回り品だけで暮らす。
憧れます。
…絶対無理だと思いますが。
 HOME